妊娠9週目.3 つわり中でも食べてくれたレシピ「冷やし納豆うどん」

妊娠9週目.3 つわり中でも食べてくれたレシピ「冷やし納豆うどん」

最近、奥さんのつわりが以前より少しひどくなってきました。今までは、吉野家の牛丼とか食べていましたが、だんだんと食べられるものが減ってきて体調によってはお腹は空くけど食べられないということもありました。

 

そんな奥さんに何が食べられるか聞いたところ、

「うどん」「納豆」「梅干し」

と、言うのでそれらを混ぜて「冷やし納豆うどん」を作ったら美味しそうに沢山食べてくれたので、レシピを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

男の料理なので、分量とか適当なのでお好みで調整してください。まずは、用意するもの、

・冷凍うどん(一人前)

・もやし(一袋の4分の1)

・ほうれん草(一株)

・キュウリ(半分)

・納豆(1パック)

・生卵(1つ)

・梅干し大粒(2つ)

・麺つゆ(大さじ1杯)

 

です。作り方も簡単です。

 

 

1、耐熱容器(シリコンスチーマーなどで可)に「冷凍うどん」「もやし」「ほうれん草」を入れて野菜とうどんに熱が通るまで温める。

 

2、その間に梅干しから種を出して細かく刻む。そして、キュウリを短冊切りにする。

 

3、納豆と生卵を別々にまぜ、混ざったら二つを合わせて麺つゆを大さじ一杯入れて、もう一度混ぜる。

 

4、温め終わったうどんと野菜を冷水でしっかり冷やし、水を切ったあとガラスのボウル(なければどんぶり)へ移す。上にキュウリと梅干しを並べて、最後に納豆と生卵を混ぜたものを乗せる。以上で完成。味が薄ければ麺つゆを足す。

 

 

奥さんは納豆と卵かけご飯が好きなので、これはすっきりして沢山食べてくれました。また、この料理のポイントが「梅干し」です。梅干しの酸っぱさが妊婦には良いみたいです。

 

この料理、好みが別れるかもしれないですが、納豆と生卵が好きな妊婦さんにはオススメだと思います。また、梅干しをそのままでも食べていたので、常備しておくと喜ばれるかもしれません。

 

by カエレバ


スポンサーリンク
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)