妊娠39週目.3 出産産後におすすめのプロジェクター付きビデオカメラ「ソニー PJ630V」

妊娠39週目.3 出産産後におすすめのプロジェクター付きビデオカメラ「ソニー PJ630V」

IMG 0858

 妊娠中、出産時、そして産後の子どもの成長。子どもが誕生する瞬間などは、人生の大きな節目であり、子どもの大切な記録です。そんな瞬間をビデオに収めようと、出産を機にビデオカメラを購入する人が多いと思います。

 そこで、我が家で最近購入したソニーのプロジェクター付きビデオを紹介します。

スポンサーリンク

 

1.光学手ブレ補正機能がついている

 このソニーのカメラには光学手ブレ補正機能がついています。

by カエレバ

 光学手ブレ補正とは、CMで見たことがある人もいるかもしれませんが、ビデオカメラのレンズが自動で動く機能です。これは、手が揺れているときなどに、手の揺れを感知して、レンズが自動で動き、ブレを抑えてくれる機能です。多くのメーカーが映像のデータを自動で編集してブレを抑えたりしていたところ、ソニーはレンズ自体を動かしてブレを減らしました。

 実際に使ってみて、ビデオで撮影しながら歩いてみたのですが、手ブレしません。

 ぜんぜん手ブレしません。

 普通、撮影しながら歩くと、上下の揺れが目立つのですが、光学手ブレ補正がきいていて、ほとんどわかりません。

 NHKで放送されている「世界ふれあい街歩き」みたいな感じの映像も撮れます。さすが、ソニーのカメラ技術はすごいですね。

 これなら子どもの運動会などで活躍しそうです。

 カメラのレンズには電源のオンオフで自動に開閉する蓋がついていますが、ほこりっぽいところで撮影するときには、手ブレ補正レンズの駆動部分に砂埃が入ったりするのが気になります。

 そのため、レンズ保護フィルターを購入しました。

by カエレバ

 これをつけてからは安心して、砂埃などが気になる場所でも撮影できました。つけた感じはこんな感じでぴったりです。

IMG 0859

 子どもの運動会などは、グラウンドの砂が舞っているときが多いと思うので、レンズフィルターも一緒に購入することをオススメします。

 

2.プロジェクターが付いている

 このビデオを購入した理由の一つがプロジェクターです。

 「プロジェクターなんてなくても」、と思うかもしれませんが以外と便利です。プロジェクター機能は、カメラの液晶画面を開いて起動してプロジェクターボタンを押すだけの簡単な操作です。

IMG 0857

 

 そこまで暗くしなくても、昼間に家でカーテンを閉めたくらいの明るさで写ります。しかも、結構きれいに写ります。

IMG 0856

 これを使って、旅行先に行った時に昼間撮影した映像をみんなで観て楽しんだり、実家に帰った時に簡単にビデオを見せることができるので、便利です。ビデオ用のケーブルなど持って行かなくても、ビデオ一つあれば投影できるので、手軽です。

 

3.パソコンやスマフォの画面も映せる

 こういったビデオカメラが主体のプロジェクターって外部入力端子がないことが多いですが、こちらのPJ630VにはHDMIの外部入力端子がついているので、パソコンの画面や、スマートフォンの画面を大画面にして楽しむこともできます。

 うつのパソコンはMacなので、MacについているMiniDisplayPortをHDMIに変換するケーブルを購入しました。

by カエレバ

 こういう激安ケーブルって、アマゾンのレビューを見ると、あたりハズレがあるようですが、今回は運良く当たりっぽくて、普通に使えました。

 ケーブルの片方をパソコンに挿して、付属のHDMIケーブルとつなげて、ビデオカメラに接続します。

 YouTubeをプロジェクターで見ることも出来ます。

DSC 3116

 プロジェクターの部分が、カメラの液晶部分になっているため、角度を自由変えることができ、寝る前に天井に写して見ることも可能です。

 実際に、ネットで見つけた旅猿の動画を観てみましたが、快適です。

 接続しているのは、これだけです。

DSC 31171

 これで、旅行先でもビデオとか観ることができるので、子どもが大きくなったら喜んで貰えそうですし、キャンプに行ったときでも、シーツをかけて画面を投影すれば即席の映画館ができます。

 

4.オススメのアクセサリー

 このビデオを購入していくつかアクセサリーを購入しました。さきほどケーブルとレンズカバーを紹介しましたが、他にも本体収納ケースと、追加バッテリー、SDカードを購入しました。

 本体収納ケースはこちらがオススメです。

by カエレバ

 持ち歩くときには、ケースに収納してカバンに入れるということを想定して、それぞれのサイズを確認して、ギリギリ入るものを購入しようと思っていました。

・ソニー HDR-PJ630V    外形寸法  74.2×84.6×137.5
・エレコム DVB-015  収納寸法  70 ×75 ×125

 最初は、別のケースを購入したのですが、上記のビデオカメラの外寸サイズはバッテリーがついていないことを忘れていました。ビデオカメラはだいたいバッテリーは外につけるので、バッテリーをつけた状態だと、外寸サイズより少しかさばります。

 ELECOM ビデオカメラケース ブラック DVB-015BKは、本体にバッテリーを装着した状態でピッタリなので、気に入っています。

IMG 0862

 こちらのケースなら、付属のバッテリーではなく、あとから購入した少し大きめの互換バッテリーも、少しでっぱりましたが、ちゃんと収まりました。

 

 付属のバッテリーだけだと、結婚式などの長時間撮影や旅行などのときのバッテリー切れが怖いので、必ずもう一つはあった方が良いと思います。

ソニーの純正品のバッテリーは高いので、互換バッテリーを購入しましたが、今のところなんの問題もなく使えています。

by カエレバ

 本体の容量は64ギガあるので、かなり撮影時間に余裕はありますが、一応SDカードを一枚購入しておくと良いと思います。

by カエレバ

ぼくは、64ギガのSDカードを購入しましたが、32ギガでも良いかもしれません。まあ、容量は多いに越したことはないので、できれば64ギガの方が良いと思います。

IMG 0863 

 リモコン、予備バッテリー、ケーブル2本を収納するケースを100円ショップで購入しました。

 出産のときには忘れずに持っていくのと、バッテリーの充電に注意しておこうと思っています。

 子どもが生まれてからも楽しみですが、現在のお腹が大きい状態も撮影しておくと、良い思い出になりますよ!

 

by カエレバ

「アクセサリー」

ELECOM ビデオカメラケース ブラック DVB-015BK

mini Display Port – HDMI 変換ケーブル (Apple Macbook 対応)

Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター 46mm レンズ保護用 146217

2500mAh 7.2V グレードAセル 残量表示 保護回路 PSE CE取得 ソニーNP-FV70互換バッテリー

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応(最大転送速度45MB/s) (無期限保証) TS32GSDU1E (FFP)

 


スポンサーリンク
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)