妊娠13週目.1 つわりはどうして苦しいのか? 理由を考えてみた。

妊娠13週目.1 つわりはどうして苦しいのか? 理由を考えてみた。

赤ちゃんの手

 

最近、妊娠4ヶ月目に入ったのに奥さんのつわりは一向に良くならず。しかも、昨日は朝4時くらいから8時過ぎまで何度もトイレを行ったり来たりして吐いてました。

今日は、なんだか調子が良いようで、夕食も嬉しそうに食べていました。夕食のときにつわりのことが話題になりました。

スポンサーリンク

1,つわりってどういう感じ?

男の自分ではわからないので、奥さんにつわりについて聞いてみました。いろいろと話しを聞くとどうやらきつい二日酔いだそうです。しかも、治らない感じ。

つわり状態が長く続いているので、元気でなんでも食べられる状態を忘れてしまうこともあるようで、今日の夕飯のときには「元気なときってこういう状態だったんだ!」と改めて感じていました。

確かに毎日二日酔いが続く状態ってかなりつらいですね。さらにいつ治るかわからないし、その状態で仕事もしないといけない。つらいです。

 

2.つわりがひどいと二人目を躊躇する

聞いたことがある話ですが、「つわりがひどすぎて二人目を生むのを躊躇する」人もいるそうです。奥つわりで入院するような人もいるらしいので、うちの奥さんはまだまだ楽な方だと思います。それでも、

「これ以上つわりがひどくなったら二人目を生むのを考えるかも」

と、言ったのでちょっと自分の意見を言ってみました。

「今は、妊娠で辛いことしか味わっていないと思う。大好きだったお酒が飲めなくなったり、居酒屋に行くこともなくなったし、運動も制限されるし。でも、これから赤ちゃんがお腹の中で大きくなっていくと、動いたり、エコー写真で成長が見れたりして、母親としての喜びが感じられるんじゃないかな。だから今辛くても、その分あとで嬉しいこともいっぱいあると思う。」

と、ちょっと偉そうに言ってみました。

でも、奥さんはちょっと納得してくれたようです。

 

3.つわりってなんであるんだろう?

医学的なことは抜きにして、つわりがある理由について二人で話してみました。つわりは、母親になる責任を大きくする効果もあるんじゃないかという話になりました。

子供が誰でも苦しみがなく、簡単に生まれるようであれば、親としての責任が薄くなったり、子供への愛着がなくなったりするので、つわりや出産が大変な一つの理由として親としての自覚と責任を感じるためなんじゃないかと思います。

もし、つわりがなく、出産も簡単だったら世界の人口はもっと爆発的に増えていくことになるため、この辛さも考え用によってはうまく考えられているのだと感じました。

 

何はともあれ辛そうな奥さんを見ているのはかわいそうです。

早く元気になってもらいたいです。

 

by カエレバ


スポンサーリンク
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)