妊娠36週目.4 妊娠10ヶ月の注意事項

妊娠36週目.4 妊娠10ヶ月の注意事項

Onakaookii

気がつけば妊娠10ヶ月目に突入していました。いつ産まれてもおかしくないと言われると、なんだか緊張感が漂います。

そこで慌てないように、妊娠10ヶ月の様子を勉強して、まとめてみました。

スポンサーリンク

 

・子宮が下降、赤ちゃんの頭は骨盤の中に入る

妊娠10ヶ月になると、だんだん赤ちゃんの頭が骨盤の中に下がっていくとともに、子宮底も下がってきます。赤ちゃんが下降したことで、ママの体は楽になる部分と、前よりしんどくなる部分が出てくるそうです。

 

・楽になる部分

胃のつかえが取れるので、すっきりして食欲が増し、心臓や肺への圧迫が減少して、動悸や息切れなどの症状は軽くなるそうです。

 

・体重の増えすぎに注意

胃のつかえが取れることで、胃もたれがなくなり、急激に食欲が増すそうですが、ここで食べ過ぎると赤ちゃんが一気に大きくなり、さらにママ自身の産道にも脂肪がつくので、お産は難産になりやすくなるそうです。そして、この時期に体重が増えると、産後、体重の戻りが悪くなったり、体型が戻りにくくなったりと、いいことが1つもないそうなので、注意が必要です。

体重をコントロールするためのコツは、食事回数を増やし、一回の量を少なくし、糖分を含まないお茶や水を摂取することだそうです。

 

・大変になること

子宮が下に下がった分、膀胱への圧迫が強くなり、トイレが近くなったり、中にはくしゃみをしたとたんに尿が漏れてしまうこともあるそうです。

太ももの付け根に、つれるような違和感を感じたり、恥骨の辺りに軽い痛みを感じることもあるそうです。

 

もうすぐ産まれてくると思うと、なんだか楽しみです。男ができるのは、無事に産まれてくるのを願うことしかないですが、出来る限りサポートしてあげようと思います。


スポンサーリンク
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)