妊娠38週目.7 出産後に忙しくならないための3つの家事効率化

妊娠38週目.7 出産後に忙しくならないための3つの家事効率化

Houki

 出産すれば、子どもの世話で忙しくなり、家事まで手が回らなくなることもあると思います。家事が疎かになってしまうと、家事を協力できる夫婦なら良いですが、協力できないと、ケンカの元になってしまったりします。

 そうならないように、今のうちから家事を効率化していきましょう。

スポンサーリンク

 

・料理は冷凍を活用

 冷凍を活用しましょう。と、言っても冷凍食品を買ってくるのではなくて、「食材の冷凍」のことです。妊娠中や子どもが小さい時には、冷凍食品の安全性も気になりますしね。

 料理をするときには、多めに作って冷凍します。チャーハンを作るときには、1人のときでも2人前、3人前作って小分けにして冷凍します。また、鍋が小さくてたくさん作れないときには、チャーハンの具材だけを多めに作って小分けにします。

 冷凍用の保存容器は、なるべく共通のシリーズの物を買ったほうが、冷凍庫に入れた時に収まりが良いですよ。

 

by カエレバ

 肉も大量に買ってきて、小分けにして冷凍したり、下味をつけて冷凍すれば、解凍してすぐに調理ができます。肉は、大きなジプロックのような保存袋に入れて、袋を締めてう薄く伸ばして、上から菜箸などで抑えて細かく分割しておくと、つかうときにぱきっと折るだけで使えるので便利です。大根おろしも、大量に作って同じように袋にいれて、薄く伸ばして冷凍にしておくと、ちょっとずつ折って使えるので便利です。

 野菜も、ほうれん草を茹でて、小分けにして保存しておくと、解凍してポン酢をかけるだけで一品になるためオススメです。

 ネギもみじん切りにしておくと、すぐに使える薬味になります。

 カレーを作ったときにも、小分けして冷凍にしておけば、「カレー」「カレーうどん」「カレー雑炊」などいろんなバリエーションで使えます。

 冷凍保存の本が一冊あると便利です。

by カエレバ

 

・いらない物を片付けて掃除を簡単に

 まだまだ捨てられない性格ですが、最近、断捨離本を何冊か読んで、断捨離にハマりました。ハマりすぎて必要なものまで捨ててしまうのは良くないですが、物を減らして思ったことは「掃除が楽」です。

 家具も極力少なくしているので、掃除は100円ショップで売られているクイックルワイパーのようなマイクロファイバーのモップをかけて、ホコリが集まったところで掃除機をかけるだけにしています。そうすれば、見た目はきれいに保てます。100円ショップのマイクロファイバーは何度も使えるし、洗濯機で洗えるので便利です。毛が太いものと細いものがあったら、細いものを選んだ方がホコリを取りやすいのでオススメです。

 モノが少なければ、部屋にモノが散らからないですし、片付けも楽になり、掃除も楽しくなります。

 

・便利な家電に頼る

 最近の家電はどんどん便利になっていて、必要な物を効率良く使うことで家事がかなり楽になります。個人的に、持っていると便利だと思う家電は、「食器洗い乾燥機」です。

by カエレバ

 今の食器洗い乾燥機はかなり便利になっていて、昔の様に汚れが残ることもほとんどなくなっています。もし、今家を建てたり、マンションを購入しようと思っていたら、キッチンのシンク下に食洗機をつけてもらうことをオススメします。

 さすがに哺乳瓶などの煮沸消毒はできませんが、洗って乾燥してくれるので、一度洗ってから煮沸消毒するので便利です。

 子どもが産まれると、洗濯物が増えるといいます。子どもは良く汗をかくので、できるだけ清潔な服を着せてあげたいですが、そのためには何度も小分けで洗濯することが出て来ると思います。

by カエレバ

 最近の洗濯機はすすぎ回数を減らして、水を節約するコースが付いているものがありますが、すすぎ回数を減らせるということは、洗濯時間も減らせるということです。

 洗濯時間が減らせれば、洗濯物を分けて洗う人には家事が効率化できて、助かります。我が家でも出産を期に洗濯機を買い換えようか検討しているところです。

 

 出産すれば今以上に忙しくなるので、できるだけ家事が楽になるように、早めに工夫して、必要なところにはお金をかけ、いらないものは売ったり捨てたりあげたりして、効率のよい家造りを目指していくと良いと思います。


スポンサーリンク
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)