妊娠6週目.7 妊娠中の奥さんとディズニーランドの30周年に行ってきた

妊娠6週目.7 妊娠中の奥さんとディズニーランドの30周年に行ってきた

妊娠前から計画していた「ディズニーランド30周年」に行きました。まあ、富士急ハイランドや長島スパーランドと違って激しい乗り物が少ないので、ディズニーランドなら比較的安心です。朝はゆっくり目に出発しました。ノンカフェインの飲み物を探すのが面倒なため、水筒に麦茶をいれて持って行きます。

 

ディズニーランドに到着すると雨が降っていました。一応カッパも持ってきたのですが、あまりカッパを着るのは好きではないのと、小雨だったのでカッパは車の中に置いておき、大雨になって必要になったら取りに来るようにして荷物を極力減らしました。

 

スポンサーリンク

 

 

最初は、ディズニードローイングクラスに行きました。ディズニードローイングクラスとは500円で30分のスタンダードクラスか1,000円で一時間のアドバンスクラスを選んでディズニーキャラクターの絵を描く絵画教室です。

 

スタンダードクラスの課題にミニーを選びました。初めてですが、まあまあうまく描けました。そして、昼ご飯にホットドック半分とスモークターキーを1つずつ。

 

その後、シンデレラ城やカリブの海賊、ジャングルクルーズ、ホーンテッドマンションなどに入りましたが、特に待つこともなく最長でも10分くらいでしたので、特に問題はありませんでした。

 

途中、雨足が結構強くなってきました。雨で大変なのが、ちょっと休憩でベンチに座ることができないため、休憩が取りづらくなることです。なるべく待ち時間が少なくて激しくない乗り物を選びました。

 

次はマイケルジャクソンの映画の「キャプテンEO」を3Dにしたアトラクションです。これも待ち時間が5分ですぐに入れました。

 

しかし、その次に行った「モンスターズインク、ゴー&シーク」は100分待ちでさすがにちょっと無茶させてしまったと反省しました。

 

次の「バズライトイヤーのアストロブラスター」では1人で並んで、椅子に座って途中まで休憩していてもらいました。待ち時間が長いアトラクションはこうやって1人で並んで休憩してもらう方が安心ですし、妊娠中の奥さんにも負担がかからないと思います。今回は雨だったのですが、夏の日差しもかなり辛いと思うので日陰で待っていてもらって順番を確保しておくのも良いかと思います。

 

そして、次は奥さんが行きたいと行っていた「スターツアーズ」。正直、ちょっと不安です。何度も乗ったことがあるのですが、ジェットコースター系ではないにしろ、結構揺れますしお腹に負担がかかります。更に、アナウンスで「妊婦の方はご遠慮ください」という声も。でも、奥さんが行きたがっていて、本人が大丈夫だというので、不安になりながらも行くことにしました。まあ、ここまで来たら心配してもしょうがないと思い、乗り込みました。途中、身体を手で支えてあげながら無事に終了しました。以前のスターツアーズと違ってかなり映像がきれいになり、迫力がありました。やっぱり結構揺れるので、こういう系の乗り物は避けた方が良いかもしれません。

 

そして、夜は奥さんが予約していた「ダイヤモンドホースシュー」という予約制のショーが見えるレストランへ行きました。ここでは、予約してあるゆったりとした席に座って90分間ショーと食事を楽しむことができます。アルコールはディズニーランドにないのですが、ここでは頼めばノンアルコールビールも別料金で出してくれます。妊婦でも飲める果実系のソフトドリンクもありました。

 

忙しいパークの散策の中で90分ゆっくり座って休憩できるのは、妊婦にとっては良いと思います。妊娠してディズニーランドに行くのであれば、ちょっと贅沢して妊婦の身体にも優しい予約制のショーレストランがオススメです。

 

「ダイヤモンドホースシュー」でご飯とショーを堪能したあとは、夜のショーを観て、最後にミッキーの家「ミートザミッキー」へミッキーに会いに行きました。

 

ここでは、ちょっと失敗しました。雨に濡れて結構疲れている奥さんを80分待ちの行列に連れて行ってしまったからです。途中で座れるところを探して座ってところどころ休憩してもらいながら進みました。雨で濡れて体温が下がっているところに結構疲れさせてしまったので心配でしたが、最後にミッキーと一緒に写真を撮ることで元気になってくれたのでよかったです。

 

さすがに、その後は心配だったので、ちょっとだけお土産を見てすぐに帰りました。

 

妊娠した奥さんと一緒にディズニーランドに行ってわかったことは、

・絶対に無理はさせない

・奥さんが良いと言っても危なそうなアトラクションには乗せない

・待ち時間には休憩してもらって1人で並ぶのも良い

・炎天下、大雨は体調を崩し易いので避ける

・たまには、有名じゃない待ち時間の少ないアトラクションを巡る等の

 別の楽しみ方をしてみるのも良いかも

・適度に休憩を取る

・何かあったら相談できるようにかかりつけの病院の電話番号は控えて行く

・ノンカフェインのお茶を持参すると良いかも

・荷物はなるべく持ってあげる

 

などの気の使い方が必要だったと思います。せっかく楽しいところに行くので、危険な行為は避け、子供が出来る前の最後の2人だけの時間を楽しんでください。

 


スポンサーリンク
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)