妊娠36週目.7 【オススメの本】赤ちゃんと暮らすナチュラルクリーニング

妊娠36週目.7 【オススメの本】赤ちゃんと暮らすナチュラルクリーニング

IMG 0716

子どもが産まれるにあたって、

「現在、家で使っている洗剤などが使えなくなるのか?」

「子どもが入るお風呂の掃除は何でしたら良いか?」

などの疑問がありました。ベビー用品店に行けば、いろいろなモノが売っているので、その疑問は解決するかもしれないですが、できるだけ安全なモノを使って掃除や洗濯をしたいと思って探していたらこの本を見つけたので、紹介します。

スポンサーリンク

 

・ナチュラルクリーニングとは

著者の佐光紀子(さこうのりこ)さんは、カビ取り剤や除菌スプレーなどの強い薬品を使って強制的に汚れを落とすものを赤ちゃんに使うことに疑問を感じて、なるべく子どもが口に入れても良いもので掃除をする「ナチュラルクリーニング」を提唱しています。

ナチュラルクリーニングでは、重曹や酢、クエン酸、塩といった、もともと調味料として使われているものを使って家の中をきれいにする方法です。

強い洗浄力を持った薬品を使わないので、マスクもゴム手袋もいらず、手荒れやを心配することもなく、万が一子どもが口にしても大丈夫なもので上手に掃除する方法を紹介してます。

by カエレバ

 

・「赤ちゃん用」じゃないとダメ?

赤ちゃんに使うものは「赤ちゃん用」じゃないとなんとなくダメな感じがします。ドラッグストアーやベビー用品店などには「赤ちゃん用」と大々的に書かれた商品がずらっと並んでいて、違うものを買うのはなんだかいけないような気分さえします。

しかし、この本ではわざわざ「赤ちゃん用」を買う必要は無いと言っています。体を洗うときには、ベビー石鹸のかわりに、香料や着色料が入っていなくて、原料がわかる石鹸を使っているそうです。体を洗う石鹸は「石けん素地」と書かれているものを目安に選ぶと良いそうです。

by カエレバ

 

・赤ちゃんの衣類を洗う洗剤

これも、赤ちゃんの衣類を洗うには「赤ちゃん用の洗剤」が必要と思っていましたが、これも赤ちゃん用ではなく、肌への刺激が少ない洗濯用石鹸で洗えば問題ないそうです。

実際に潜在を選ぶときに注意するのは「無香料」と「純石鹸100%」。

by カエレバ

すすぎのときにクエン酸を入れると柔軟剤の代わりになるそうです、クエン酸を入れると繊維に残った石鹸成分が中和され、ふんわりとした仕上がりになるようです。

by カエレバ

とにかく「ベビー用」と書いてあるのを買ってくれば良い、というわけではないのですね。

 

・ベビーバスを洗う場合

ベビーバスを洗うときに用意するものは「石鹸」「スポンジ」「重曹」だけだそうです。そして、石鹸をつけて泡立てたスポンジに、重曹をうっすらと振りかけこすり洗いをして、すすいで乾かせば良いそうです。

by カエレバ

洗面台などの他の物をベビーバスに使用する場合は、もう少し別のモノも使います。

用意するのは「石鹸」「スポンジ」「重曹」「エタノール」「脱脂綿」です。そして、先ほどと同じように洗います。最後に消毒用エタノールをつけた脱脂綿で全体をよく拭いて、アルコール消毒をして乾燥させて完成です。

by カエレバ

こうしてみると、以外と簡単ですね。

 

・哺乳瓶の消毒

哺乳瓶は消毒や掃除がしやすい耐熱ガラスのモノがおすすめらしいです。消毒は、レンジでできるものもありますし、以外と面倒で普通に煮沸消毒ですます人も多いようです。

by カエレバ

「東京都こども医療ガイド」によると、消毒が必要なのは、せいぜい生後1ヶ月のようですので、あまりお金をかけ過ぎないほうが良いとのことでした。

 

・アイロンで消毒

消毒するのにアイロンが以外と便利だそうです。スタイやガーゼを数枚消毒するのに、アイロンがけをすることで消毒になり、薬品を使わないため安全だとのことでした。

 

・部屋の改造

赤ちゃんにとってホコリは天敵なので、この際、子どものために、部屋から毛足の長いカーペットを取り除いたり、邪魔なものをなくせば掃除が楽になり、赤ちゃんにとって快適な空間になるそうです。

また、布張りのソファは赤ちゃんが汚してしまったり、ホコリが舞い上がったりするので、カバーをかけたり、掃除機を定期的にかけたりするなどの対策をすると良いそうです。

我が家はソファを買ってまだ一年経ってないので、さすがに撤去はできないため、カバーでもかけようかと考えています。まあ、カバーをとって洗えるソファーなので、子どもが多少汚しても気にしませんが、ホコリがたつのはちょっと気になります。

 

・ナチュラル・ランドリー

著者は他にもナチュラル・ランドリー (ナチュラルライフシリーズ)というナチュラル素材を使った洗濯の本も書いています。まずは、赤ちゃんと暮らすナチュラル・クリーニングから試してみて、よかったらナチュラル・ランドリー (ナチュラルライフシリーズ)も試して、子どもにやさしい生活にしていきたいと思います。

化学薬品がたくさん使われた、さいきんの洗剤などは環境にも悪いし、CMをたくさんしている商品は、広告宣伝費ばかりかかり、実際の商品の安全性に対してお金がかけられていないのではないかと感じていたので、良い本に出会いました。

これからは、重曹やクエン酸を使った掃除を試してみようと思います。


スポンサーリンク
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)